Top > 2014年03月
スポンサーサイト | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソチ五輪女子シングル総括【2】 数字を読み解く1 | フィギュアのお話し

!CAUTION!
この「ソチ五輪女子シングル総括」には私の個人的な推測が多く含まれています。
真実は闇の中であることを念頭にお読みください。


さて、女子シングルを振り返る続きです。

いろいろご意見もありましょうが、とりあえずメダリスト3人の台乗りは動かないものと仮定して各々のFSの
個人的な見解を書いてみたいと思います。

ソトニコワのジャンプ構成は5種類のトリプルを7回。基礎点合計は46.13。
スピンもステップも4要素全てレベル4。
3連続コンボで少しミスをしてしまいましたが、その分きっちりGOEでマイナスされています。
技術点だけなら1位。

ヨナのジャンプ構成は4種類のトリプルを6回。基礎点合計は42.79。
技術的要素は残念ながら世界トップを争うジャンプ構成ではない、というのが本音。
バンクーバーで金メダルを獲ったことで技術的には自分なりの完成形に辿り着いたという思いがあるのか、
4年(以上)前からの構成をほぼ維持した状態でGOEの加算で得点を積み上げるこれまで通りの作戦ですが、
この4年の間に技術を磨いてきた選手に追い越された、というところでしょう。
スピンとステップそれぞれ一つずつ取りこぼしがあり、レベル4が2つ、レベル3が2つ。
表現的なものは好みに依るところが大きいので何とも言い難いのですが、
この3人で比べると若さを武器に生き生きとした演技をしたソトニコワに軍配を上げたい。

コストナーのジャンプ構成は5種類のトリプルを7回。基礎点合計は42.35。
スピンもステップも4要素全てレベル4。
基礎点の低いジャンプを取り入れているためヨナよりも基礎点ではやや劣りますが、
GPシリーズと比べてジャンプ構成もレベルアップし、成功させたことに拍手。
ほぼノーミスで体格を生かしたダイナミックなスケーティング。全てにおいて加点要素が多い。
大人の女性の魅力と絶やさぬ微笑みでコストナーという人間を体現したようなプログラム。
3人の中では表現力では群を抜いて1位。

という事で純粋な意味でのホームアドバンテージを除いて考えると、私個人の心象としては、

金:カロリーナ・コストナー(イタリア)
銀:アデリナ・ソトニコワ(ロシア)
銅:キム・ヨナ(韓国)

が妥当かな、と。

ただし!スコアの出方は腑に落ちない。



ISU公式発表のスコアはSPはこちら(PDF)、FSはこちら(PDF)でご覧になれます。

他の大会に比べてGOEとPCSがてんこ盛り過ぎるんですよ。
これまでだったらGOEで1点台がズラーッと並ぶスコアなんて滅多にお目にかかれるもんじゃなかったのに、
FSのトップ6まで3位の真央ちゃんを除いてほとんどの選手の多くの要素に1点台が並んでいます。
そしてFS7位のワグナーからいきなり0点台半ばがズラッと並びだす。

同じくPCSも9点台を出しているジャッジの何と多いことか。

これはねー。ホームアドバンテージ採点操作絶対あったと思うね。
バンクーバー五輪の時が余りにもあからさま過ぎた銀河点だったから、
それと分かりづらいように他の選手の得点も軒並み上げてきたのではあるまいか。
だってソトニコワのFSのパーソナルベスト(PB 前回'14欧州選手権 131.63)+18.32更新ってw あり得ないw
コストナーの同PB(前回'13世界選手権 131.03)+11.58更新もあり得ないw
メダリストで唯一PB更新しなかったのがヨナ。当たり前だよね。PB叩き出したのがバンクーバー五輪だもん。
それだけ前回オリンピックのスコアがいかに怪しいものだったかが想像できる。

ここでソチ五輪総合7位までの選手の今シーズンのGPシリーズとソチ五輪での
GOEとPCSの変化を検証してみましたので、下の表をご覧ください。(両方ともクリックで大きくなります)
平均値からの増減の比較であって、ベストスコアからの増減比較ではありませんので悪しからず。

sochi2014SP.png

sochi2014FS.png

ヨナはGPシリーズを欠場してますので記録はありません。
コストナーはプログラム自体を変更しているし、大会によっては大きなミスをした選手もいたり、と
一概に比較はできない部分もあるかとも思いますが参考までに。

そして、更に参考としてGPシリーズ全体、全出場選手のGOEとPCS平均も出してみました。

SP GOE平均 2.62 PCS平均 28.44
FS GOE平均 1.62 PCS平均 57.14

表の中の赤字部分が疑問符が付きそうな得点。
メダル争いに食い込む選手たちは平均を上回ることは当然とは思いますが、
上の表を見るとどれだけ今シーズンのスコアの出方からかけ離れているかがお分かりになるかと思います。

同シーズン内数ヶ月でこれだけGOEやPCSを上げられるとはとても信じられない。
特にFSに注目して頂きたいのですが、6位以下から突然許容範囲内かな、と思える増減変化に戻っています。
真央ちゃんのSPはGPシリーズのスコアとは比較できないものだったと思うのですが、
あれだけの演技をしたFSでもGPシリーズから2.79増に留まっています。

そして、LIVEで見ていて一番得点が低すぎる、と感じたのが最終グループ第5(24人中23番)滑走のワグナー。
大きなミスもなく、本人も手ごたえを感じたのでしょう。大きなガッツポーズも出ました。
ところが、得点はここまで最終グループで滑った選手の流れから見るととても低いものでした。
しかし、GPシリーズのスコアと比較してみると、それほど大きな変化はありません。
ここにカラクリが見えたような気がします。

続く


続きを閉じる


スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート ジャンル : スポーツ

管理用



プロフィール

urma

urma


最近はデジイチ使いが多いけど、コンデジだってマニュアルで撮ればこのくらいは撮れるんです。^^
敢えてコンパクトでどこまで撮れるか☆
重い・かさばるデジイチ&三脚を持ち歩く自信のないうるまの挑戦。w




カテゴリ
最近のコメント
ブロとも一覧
セタンタ

@猫のいる生活

トッコス爺

@トッコス爺の身近な花・虫・鳥 撮り

kimisan

@

★のん。

@のんの陽だまり。

おさかなめいめい

@お気楽days

プログレ子

@【【プロ子とグレ子の今年は昭和92年 FC2

リンク
FC2カウンター

+ 34,399 @ CURURU

現在 人が閲覧中


カウンター
↑ここで登録できます。

プロフ&BBS 使用中
FC2プロフ 無料・レンタル・掲示板
FC2ブログにはないプロフィールページとあいさつ掲示板は この2つに登録してURLを取得しています。
カレンダー&アーカイブ

 


全記事リスト表示

あいさつ掲示板
twitter
検索フォーム
最近の記事
RSSリンク
最新TB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。